サーバーとボトル

水をとる手

一口にウォーターサーバーと言っても、実はかなり多様な商品があるため、導入にあたっては比較サイトなどからの事前の情報収集が重要となります。 ウォーターサーバーはまず利用するボトルタイプがリターナーボトルとワンウェイボトルタイプに分かれます。リターナーボトルは回収を前提としたボトルで、新しい水を業者が宅配したついでに、使い終わったボトルを回収する仕組みです。ワンウェイボトルの場合は使い捨てとなります。 またサーバータイプも床に設置する据置型と、テーブルなどに設置する小型の卓上型があります。水の種類も業者ごとに豊富で、軟水から硬水、RO水などが選べます。 このようにウォーターサーバーは多様な種類があるため、比較サイトを利用して性能やサービス内容を吟味して選ぶ人が多く見られます。比較サイトならば、数多くのウォーターサーバーを条件ごとに見比べながら選んでいく事ができます。

ミネラルウォーターや天然水を自宅で毎日消費する人がよく利用しているのが、ウォーターサーバーです。大型のガロンボトルをサーバーに取り付けることで、いつでも自由に好きなミネラルウォーターや天然水が温水、冷水の両方で飲めます。 これと類似競合するものには、ペットボトル水の定期宅配サービスがあります。この定期宅配は、通販業者が取り扱っている商品の1種であり、事前に契約することで、定期的にペットボトル水を自宅や職場に配送してくれるサービスです。もちろん宅配の間隔については自由に選べ、水の種類も選択できます。 ウォーターサーバーとペットボトル水の定期宅配を比較すると、水を自宅などに送り届けてくれる点では類似していますが、サーバーを用いないため冷蔵庫に水を保管しておく必要があります。