導入コスト

水のグラスとスプーン

血糖値を引き下げる、インスリンと同じ効果を持つことから、糖尿病やその予備軍の人からも注目されているのがバナジウム天然水です。 このバナジウム天然水を毎日摂取したい人がよく導入しているのが、ウォーターサーバーです。サーバを自宅に設置することで、毎日の生活に自然にバナジウム天然水を取り込むことができるようになり、理想の食生活が送れるようになります。 気にする人が多いのがその導入コストですが、ウォーターサーバーの設置は通常無料であり、サーバーレンタル料金も毎月に決まった量の天然水を頼めば無料となります。このため必要なものは水の購入代金だけであり、バナジウム水の場合は通常の市販ペットボトル商品と殆ど変わらないため、毎月数千円からでも手軽に毎日利用できます。

鉱物資源の1つでもバナジウムは、元々限られた場所でしか湧出しないことで知られています。その1つが噴火が多い活火山で湧出する天然水です。噴火による地層の積み重ねによって玄武岩層が出来上がり、さらに地質や水脈、気候などの条件が合った時に初めて湧出するのがバナジウム天然水です。 日本では富士山麓から湧出するバナジウム天然水が特に知られており、ナチュラルミネラルウォーターの需要が増加した1980年代以降少しずつ需要も増していきます。 その後、バナジウムの研究や臨床によって血糖値の引き下げ効果が確認されると、健康に良い水として注目を集めるようになり、現在のように多くの人が利用するようになったのがバナジウム天然水です。