水を購入する

明るい部屋で飲む水

自宅やオフィス居ながら、宅配業者や宅配水の業者に水を毎回定期的届けてもらえるのが、ウォーターサーバーの優れた点です。水を購入するという面倒な作業を行う必要がなく、重たい水のボトルを買い物で持ち運ぶことも無くなります。 一方でウォーターサーバーと類似競合するものもあります。それが通販での水の購入で、近年はこの通販購入が急増しています。ウォーターサーバー同様に、わざわざ外に水を買い求めて小売店に行かなくても、ネット通販によって玄関先まで水を届けてもらえる点も、類似しています。 通販のため、水の銘柄も自由に選べる点も、ウォーターサーバーに近いものがあります。最大の違いは、サーバーを利用したお湯の利用ができない事と冷蔵庫が場所を取るという点になります。

サーバーレンタル料やサーバーメンテナンス料などの代金がウォーターサーバーでは必要となることがありますが、最もコストが掛かるのが水の価格です。 水の価格はランニングコストとして、ウォーターサーバーの利用開始前に出来れば計算しておくのが理想です。ボトルの大きさの関係で1本あたりの容量は12リットル入りが多くなります。しかし分かりやすいように1リットルあたりの単価で、水の値段を計算するのがセオリーです。 この水の単価を市販のミネラルウォーターなどと比較すると、ウォーターサーバーはコスト的にも1リットルあたりの単価が100円以上150円以下が多いのが分かります。これはスーパーでの特売での値段とほとんど変わらないコストに匹敵するため、サーバーの利便性を考慮すると、ウォーターサーバーはコスト的にもかなり優れています。